FC2ブログ
フォトリーディング・マインドマップ・脳力開発・記憶術・勉強法・おすすめ本・雑学等をガツガツ書いています
フォトリーディングの手法

①リラックスする(高速学習モードに入る)
②アファメーションを唱える
例「私がフォトリーディングした情報はすべて潜在意識に取り込まれ、私はいつでもそれ利用することができる」
③フォトフォーカス状態で本をめくる
・ぼかした感覚で本全体を見て文字を読まない
・単純なチャント「リーラックス等」を唱えながらページをめくる
④終わりのアファメーションを唱える
例「私は経験したすべてのことを認め、その処理を潜在意識に任せます」

といった流れになります。

有名な「フォトリーディング」というのは、あくまで「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」の5つのステップのなかのひとつです。

大きな流れとしては
1準備
2予習
3フォトリーディング
4活性化
5高速リーディング

という流れがあるのです。


 この大きな流れを見ればわかるとおり、フォトリーディングで顕在意識をスルーして直接、潜在意識に入れ込んだ大量の情報を、活性化という手法で、顕在意識に引っ張り出してくるです。目で読む必要がないので、本がめくりにくいときは、後ろから読んだり、さかさにして読む等、なんでもあり状態です。(さかさにしても、ページをとばしても潜在意識が情報を高速で処理してくれる)


フォトリーディングを試して一番感じるのは、「読めている気がしない」ではないでしょか?本等で書かれているようにフォトリーディングしただけで、短時間で魔法のように知識が手に入るというものではない気がします。私もたくさんの本を読みますが、この「フォトリーディング」というステップで本の内容がどこまで入っているのか、わかりませんし、いまだにあまり実感はないです。


研修で先生も「フォトリーディングしてすべて覚えられるわけではない」と言われていました。それよりも「なんとなく見た感」が残っていて、ぼんやりと全体がつながりやすくなるような感覚といえばよいと思います。


研修に参加して思ったのは、これは信じるための研修だと感じました。つまりフォトリーディングというものは、実際に存在し、こんなにたくさんの人がやっている。だからあなたもできるんですよと。


研修には再受講者たくさんきており、続けることの難しさを感じました。再受講者がよく口にしていたのが、「読んでしまったらだめ!」でした。まだまだ私もはじめたばかりのペーペーですが、がんばって続けていきたいと思います!!!



ランキングに参加しています!
↓うっかりクリック!してほしい・・・

スポンサーサイト



さて、フォトリーディングとはなんでしょう?


じつは、フォトリーディングとは、フォトリーディング・ホール・マインド・システムの1ステップにすぎないのです。フォトリーディング・ホール・マインド・システムは5つのステップから構成されています。

1.準備
 みかん集中法等により読書に最適な状態に入ります

2.プレビュー
 いわゆる情報をざっと見ることです

3.フォトリーディング
 目をぼかしてざっとみます
(この状態がいわゆる速読といわれる状態です。ただし・・・内容はまったくわかりません・・・)

4.アクティベーション
 顕在意識上に、フォトリーディングで吸収した情報を引き出していきます

5.高速リーディング
 早くざっと読みます


わたしなりの表現で簡単に書いてしまいました。後からもう少し詳しく書きたいと思います。
もう待てないという方は、下記で勉強してください。
http://www.lskk.jp/photo/



おそらく1の準備と3のフォトリーディング以外は日常の読書でやっている方もおられるのではないでしょうか?どうでもいいやと思う本はパラパラとざっと見るだけという人もいるでしょう。


まさにその「ざっと見る」という感じ重要になってきます。完璧主義者の人は向いていないかなと感じます。読者が知りたい、重要であろう箇所を予測して読む。欲しいもの(読みたいもの)以外は捨てるという感覚です。


さて・・・


「フォトリーディング」という言葉が有名なのは、一番このステップが、ミステリアス?な部分を感じるからではないでしょうか?ただ未知の可能性を感じる反面、まったく手ごたえを感じないのもこのステップだと思います。


まだ続く!!!


ランキングに参加しています!
↓うっかりクリック!してほしい・・・

で・・・


ちなみにこのフォトリーディング講座10万500円かかるんですね。高いです!この講座の敷居の高さはこの値段でしょう。


普通のサラリーマンであれば二日間で10万500円の投資はしないではないのでしょうか?


その敷居を低くしてくれたのおそらく勝間さんでしょう。実際、私が受けた講座のなかにも勝間さんの影響を受けている人が多くみられました。


他の人が「フォトリーすごい!」といっても単なる宣伝に聞こえるのでしょうが、勝間さんがいうと損得抜きで「よいもの」という印象を受けるのかもしれません。今やすさまじい影響力ですね~


私の場合は少し違って、もともと本が好きでしたが、「あなたもいままでの10倍早く本が読める」という本で心がトキメキ!!!これはすごい!と思いました。


が・・・実際本で書いてあるとおりやってみてもまったく手ごたえがありません。これでいいのかどうか
がまったくわからないので、ほとんどの人は続けられないのではないでしょうか?


人間は進化しているという実感を感じなければ、それを続けることはできません。


ということで思いきって講座を受講してみました。様々な自己啓発関連に手を出している私でも10万以上かかるというのは鼻血がでるくらい勇気がいりました。


ということでまた次回に続きます。


ランキングに参加しています!
↓うっかりクリック!してほしい・・・

 フォトリーディングについてよく質問されるのでぼちぼち書いていこうかなと思っています。ちなみに私は、2009年1月31日と2月1日にフォトリーディングの講座を受講しました。講師は萩原京二さん、アシスタントに矢嶋美由希さんがつきました。


で・・・


あっ!レッドシアター始まる!!!


続きはまた!



ランキングに参加しています!
↓うっかりクリック!してほしい・・・


 また期間が空いてしまいました!!!反省!

ところで最近の私はというと・・・

じゃんじゃん本を読んでいます。かなりのハイペースで!

図書館で8冊借りてきて、2週間後に返すということは・・・



1週間に4冊読んでいるということになります!!!

いや恐るべし!恐るべしフォトリーディング!

今年の2月に研修を受けてからは、鬼のように読みまくっています。

読んでいて思うことは・・・「読み捨てること」これが大事なのかなと・・・

読まない勇気(または雑さ?)が重要だと感じます。


 フォトリーディングについてはまた、じわじわと書いていこうと思います。

今日はプロレスを見に行ってきます!!!