FC2ブログ
フォトリーディング・マインドマップ・脳力開発・記憶術・勉強法・おすすめ本・雑学等をガツガツ書いています

 文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じる等、特殊な感覚を共感覚といいます。過去の天才的な作曲家、圧倒的な記憶力をもった人物のなかにも、共感覚者が数多くいたと言われています。

 音に色を感じれば見分けやすいでしょうし、文字に色や音がついていればより鮮明に記憶に残るでしょうから、他の人より能力が抜きんでるのは当然かもしれません。

 先天的にしかもちえないであろうこの能力を人工的に作り出せるとしているのが脳機能学者の苫米地氏です。

 著書のなかでは、一日20分程度の練習で人工的な共感覚を身につけることができると言っています。共感覚を身につければ、現実がよりリアルなものとなり、IQがアップする。

 これは・・・練習あるのみでしょうが、赤ちゃんはみんな共感覚を持っていると言われ、元々持っていた能力であれば再び身につけることは可能かもしれません。 


スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking
 頭の回転が50倍速くなる!ということで、自分の能力に限界を感じているひとにとって、夢と希望を与えてくれるのが下記の本。「クリティカルエイジの克服」「抽象度をあげる」等、新鮮なトレーニングが簡単に紹介されています。(簡単すぎかも・・・)
 特に「共感覚」という耳慣れない言葉に引かれ、「共感覚者の驚くべき日常」も読んでみました。
 「共感覚」というのは、見たものに音が感じたり、音に色がついて見えたり、五感の感覚を同時に感じてしまう能力です。天才にといわれる人の多くが持っている能力(絶対音感等)で、1万に1人が先天的に持っていると言われているそうです。
 そしてこの能力が人工的にも習得できるようです。できるとすれば非常に大きな力となり、加速的にあなたの能力が上がっていくことでしょう。
 あと共感覚者の研究をドキュメンタリー的に描いている「共感覚者の驚くべき日常」は、ちょっと私には難しかった・・・

頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~

共感覚者の驚くべき日常―形を味わう人、色を聴く人