FC2ブログ
フォトリーディング・マインドマップ・脳力開発・記憶術・勉強法・おすすめ本・雑学等をガツガツ書いています
 二代目タイガーマスクとして、活躍し、現在プロレスリング「ノア」の社長としても、選手としてもプロレス界を引っ張ってきた三沢光晴が、試合中の事故で亡くなりました。46歳でした。


プロレスは相手の得意技をあえて受けなけばならず、非常に危険が伴います。13日の試合はバックドロップの受身をうまくとれなかったのが、原因でしょうか?ただ以前から非常に受身のうまい選手だったため、「なぜこの人がこんな技で・・・」という驚きと、非常に残念な思いが交錯しています。


最近テレビ中継がなくなり、あまり見る機会はなかったのですが、一番問題なのは、はたして試合当日の三沢のコンデションはどうだったのか?ということです。社長をしながら選手としてもベルトにからむ活躍していた三沢には、かなりの負担があったはずです。


しかし・・・


最近の彼の体つきを見ても、とても毎日しっかりと練習して体を作っているようには見えません。おそらく社長業に追われ、練習のいとまはなく、若いときの貯金で試合をしていたのでは?と思ってしまいます。


地方を巡業しながら毎日のように試合をこなすプロレスラーは、しっかりとした練習もできないなかで、高いパフォーマンスと肉体を見せなければならず、アメリカのWWEを見ても、早くに命を絶ってしまう選手が多いようです。(薬物等の関係もあるようですが・・・)


プロレスはショーだと軽んじている人が私のまわりでは多いのですが、少なくともいつ命を落とすかわからない過酷な職業であること間違いありません。


ランキングに参加しています!
↓うっかりクリック!してほしい・・・

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tensaikaihatu.blog121.fc2.com/tb.php/149-6080c157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック